クリスタル・パレス対ボーンマス

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> --> メニュー 文字サイズ・色合い変更 日本語 English 中文(简体) 中文(繁体) 한국어 都庁総合ホームページ サイトマップ English 中文(简体) 中文(繁体) 한국어 --> トップページ 報道発表 港湾局のご案内 ビジネス利用 観光レジャー 東京港のご紹介 臨海副都心 東京都の離島・空港 都庁総合ホームページ サイトマップ --> 閉じる トップ > 港湾局のご案内 > 計画・答申 > 「東京クルーズビジョン」の策定について 「東京クルーズビジョン」の策定について 平成26年1月16日  世界のクルーズ市場は、客船の大型化とクルーズ人口の急増という大きな流れの中にあります。 特に、アジア地域においては、中国を中心とする経済成長を背景にクルーズ市場の飛躍的成長が見込まれており、日本国内のクルーズ人口も今後の大きな伸びが確実視されています。 このように、クルーズが急激に身近なものとなってきている今、東京都は、2020年オリンピック・パラリンピック開催都市として、また、国際観光都市として、今後のクルーズ客船誘致施策を積極的に展開していくため、概ね15年後の目標とその実現に向けた取組をまとめた「東京クルーズビジョン」を策定しましたので、お知らせします。 1 「東京クルーズビジョン」策定までの検討体制 学識経験者、東京港利用者及び関係行政機関による「東京港クルーズ客船誘致促進ビジョン策定委員会」を設置し、東京港の現状や将来像について幅広くご議論いただきました。 2 15年後を見据えた目標とその実現に向けた取組 基本的な考え方 東京の強みである「交通アクセスの充実」、「観光資源の充実」、「背後圏の人口集積」を活かし、発着港としての体制強化を進めていきます。 主な誘致ターゲット (日本籍船) 安定した寄港回数を確保するため、「母港化」を推進していきます。 (外国籍船) 乗客数千人規模の大型クルーズ客船の発着・寄港や「フライ&クルーズ」を積極的に誘致していきます。 今後の取組 世界最大の客船に対応可能な新客船ふ頭を臨海副都心に整備(2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、早期の開業を目指します) 利用者の利便性を追求した施設整備を行うとともに、より積極的な誘致活動を展開してい きます。 2028年(平成40年)時点でのクルーズ客船年間誘致目標 東京港のクルーズ利用人口50万人、クルーズ客船利用回数280回を目指します。 3 「東京クルーズビジョン」本編及び概要版 表紙・目次 はじめに 本編 概要版 このページに関するお問合せは以下まで 港湾経営部振興課 電話番号:03-5320-5529 関連情報 東京都港湾局組織一覧 港湾局事業概要 計画・答申 港湾審議会 公表情報 指定管理者制度 窓口一覧 提言・要望等 関連リンク 情報公開 東京都例規集データベース 申請・届出様式 ページの先頭へ戻る 申請・届出様式 窓口一覧 よくある質問回答集 提言・要望等 キーワード検索 東京都港湾局公式SNS サイトポリシー サイトマップ 著作権について リンク集 リンクについて お問い合わせ先 東京都庁:〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 電話:03-5321-1111(代表) Copyright (C) 2024 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.

betbet uclチャンピオンズリーグ 188betregistro ウィンブルドン公式サイト
Copyright ©クリスタル・パレス対ボーンマス The Paper All rights reserved.